ロボット掃除機比較安い性能良い充電時間稼働は何畳分?

ロボット掃除機比較安い性能良い充電時間稼働は何畳分?

ロボット掃除機といえばルンバですが、私はルンバを持っています。

ロボット掃除機は一度もったら手放せないです!

で、母にもプレゼントしたいのですが、

ルンバって高いんですよね。

それで安いロボット掃除機を探してみました!

ロボット掃除機で安いとよくない?後悔するの?いいの教えてもらった!

不安なのはロボット掃除機で安いのって、全然吸い取れなかったりとかが心配。ルンバはその点高いだけあって、隅は苦手だけど、しっかり小さな埃まで吸引してくれます。

でもね、高いのよね(2回目)

ブログを書いていると、いろんな商品を紹介されるのですが、今安いので一番気になっているロボ掃除機はこれ!



ちょっとカラーが愛らしいですね、ルンバはシャープな感じですがこれは女子力高いです。一人暮らしの女の子にもインテリア的に良さそうじゃない?

D80には独自の3種類のモップ機能がオプションで用意されています。使い捨ての「ウエットクリーニングクロス」「ドライクリーニングクロス」、洗って繰返し使える「乾拭きモップ用ドライクロス」の3種類です。モップを取付けて通常のお掃除とモップ掛けが同時にできます。

ルンバは吸う事しかできないです(笑)が!こちらの商品は3種類のモップですよ!これは・・ベストオブ安いロボットクリーナーじゃないでしょうか?

1万円ぐらいのものも魅力だけど、この2-3万円の厚さ77mm!ベッドや家具の下もお掃除するロボット掃除機DEEBOTようなものの方がしっかりしてそうだな・・・って説明を読んで思いました。

充電時間が4時間と短いのも魅力です。

DEEBOT M81Proという機種は連続稼働時間 最大110分というところも、正直驚きました。この価格で、これだけ長い時間掃除できるってすごい。2階建ての標準的な家であればゆうゆうで掃除できそうですね。

稼働時間が短いロボットクリーナーは使ってみて、こんなはずじゃなかったって後悔します。電池切れほど腹の立つことってないですよ。

ハッキリ言って、ここが一番良さそうだけど念のために他のものも確かめたい方は、過去に書いた以下の文章も読んで比較してみてください。

多分ECOVACSのクリーナーに戻ってくると思います(*’∀’人)

激安ロボット掃除機は充電時間や稼働時間は少ないのであろうか否か?!

まずは検索で一番最初に目についた、ロボット掃除機をご紹介。大体1万円弱ぐらいで販売されているのですが、

他の掃除機は使えないほどのキャッチがついちゃってて、俄然興味がわきまくりです。レビューも結構ありましたねー まずは性能的なことですが、

本体サイズ(約):φ34×9cm   充電ステーションサイズ(約):30.3×9×11cm   バーチャルウォールユニットサイズ(約):10.5×13×10.5cm   重量:5.2kg
本体充電池:ニカド
消費電力:23W
充電時間:4~6時間
使用時間:45~60分

運転速度:23cm/秒
吸入仕事率:3W
運転音:70dB
ダストカップ容量:0.25L
材質:ABS樹脂、PP

充電時間が1時間ほどルンバのほうが短いですね。あとはルンバはニッケル電池、この安い掃除機はニカド電池です、両者の電池の違いは容量が違うそうなのですが、性能と関係するのでしょうか。

また替えバッテリーはルンバは1万円弱、この安いクリーナーは、探したのですが替えバッテリの記載が見つからず・・・?!まさか毎年本体買い替え?!ってことは考えたくないのですが・・・・ これは販売しているストアに、後日聞いてみることにします。

2b1ee5d630cb1bcfd7d0e155a1bcd683_s(イメージ写真、こんなひろい家に住んでみたい~♡)

ちなみにルンバ622は、バッテリ寿命3年となっております。バッテリ代金を1年換算すると毎年3000円弱といったところでしょうか。本体価格は、およそ上の格安クリーナーの4倍近い価格になりますね、ルンバを買う時には。ランニングコストは、まぁまぁですが、イニシャルコストが高いですね。

そんなわけで、お次は替えバッテリが発見できた、格安クリーナーをあげてみます。

ツカモトエイムロボットクリーナー

ツカモトエイム ミニロボットクリーナー(お掃除ロボット) AIM-RC03【楽天24】【あす楽…

ツカモトエイムAIM-RC03のロボ掃除機スペック
本体サイズ(H×W×D)mm 約76×φ270mm
電源コード長さ 約1.5m
本体重量 約1.5kg(バッテリー含む)
電源・充電方式 充電式(ニッケル水素電池)
消費電力 14W
充電時間 約4時間
運転時間 約50分

機種が代替わりしたようですが、充電時間が短くなり、よくゴミもとってくれるようです。アマゾンなどのレビューを見るとすごい人気のようで、かなりのコスパの良さにもかかわらず、しっかりゴミを取ってくれるとか。

充電バッテリは公式サイトで扱いがありましたが、3000円弱でした。1年ぐらいで交換になるようで、計算するとルンバの1年換算と同じくらいですね。

あと、替えバッテリが手に入りやすいのが(この辺もポイントですね。バッテリが販売終了していたら、1年でゴミになっちゃいますから)CCP LAQULITO (ラクリート)

CCP 【LAQULITO】 自動ロボット掃除機(拭き掃除対応) エントリーモデル ホワイト CZ-C04-WH

価格も安いです。1万円台。

気になるスペックは・・・・

ラクリートCZ-C04-WHスペック
本体寸法:幅27×奥行き27×高7.6cm
本体質量:約1.5kg
電池:ニカドバッテリー 14.4V (交換目安約 1年)
充電時間:約4時間
連続運転時間:約50分
最大稼動面積:約15畳

集じん容量:約0.2L
消費電力12W
運転音: 約65dB

稼働面積は少ないですが、拭き掃除用のモップシートを使うと拭き掃除できるらしいです。米粒のような重さのあるものは吸引しづらいそうです、あくまでも埃を取るタイプ。

米粒ぐらいの大きさルンバならわけなく吸ってしまいますが(ルンバ980の口コミ書きました)

超安物と比較すると稼働時間が全然違うECOVACSのロボット掃除機

これまで見た1万円台のロボット掃除機とECOVACSの掃除機の決定的な違いは

稼働時間がECOVACSの方が圧倒的に長い

これは譲れないアドバンテージです。電池の容量が小さなものは、いざ毎日使うととても困りますよ。

掃除したいときに掃除できないとかザラに起こると思う。

ルンバでさえたまにそういう時ありますよ。

私だったら、稼働時間の長いロボット掃除機を買いますね。

ロボットクリーナーを比較してみてやっぱりECOVACSかな?

色々見ても、やっぱりECOVACSのクリーナーが魅力的です。私も楽天で探すくらいしかしていなかったので、このショップは盲点でした。



DEEBOT M81Proの機種が連続稼働時間 最大110分、充電時間約4時間です。

ルンバではないけど性能の良い安いロボットクリーナーは
家庭用ロボット専業メーカーだからできるクオリティ!ECOVACS ROBOTICS
関連記事広告
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする