フラクショナルレーザーを自宅でトリアならできるって本当?

フラクショナルレーザー

といえば、美顔治療の王道ですが、病院で行うこの治療、自宅でトリアならできるって本当?信じられなかったのでセミナーへ行ってお話を聞いてきました!

フラクショナルレーザー

目に見えないほどの微小なレーザーを照射し、フラクセルレーザーで穴が開いた箇所からFGF(線維芽細胞増殖因子)を分泌させ自然治癒力によって肌を再生する施術。FGFはコラーゲンやエラスチンを生成する。

え!顔に穴ですか?!

そうではなくても毛穴が開く年頃なのに、そんな恐ろしいこと怖くてできないです・・

まずは何より、巷のフラクショナルレーザーを調べてみました。




フラクショナルレーザーの失敗など

フラクショナルレーザーは結局のところ、肌に微小な傷をつけて肌の成長因子を増やす治療です。結果的には美しくなるためのものですが、そのような施術なので当然痛いですし、みためにも痛々しい感じになるようです。

私は病院ではフラクショナルレーザーを受けたことはありません。なので、口コミは知恵袋や美容系のサイトで一通り読みましたが、病院のフラクショナルレーザーは、治療ですのでレーザーの出力が大きいようです。

施術を受けられた方によっては、肌の状態もあったのでしょうか施術前よりも肌が悪くなったと書き込んでいる方も見かけました。もちろん、信じられないくらいキレイになったというコメントもありましたね。

ただ、多く見かけた意見が「ダウンタイムが長すぎて、顔が真っ赤で辛い」というものでした。

中には、なかなか赤みが引かなくて職場で困ったという方もいましたね。

トラブル・・と思われるような事例は、やはり病院でその時に使ったレーザーの強さによるものが多かったです。レーザーはある程度強くないと効果はないので致し方ない面もあるとはいえ、初心者にはハードルが高いですね・・




トリアのレーザーは病院のフラクショナルレーザーを応用した治療で肌に優しい

そこでトリアのフラクショナルレーザーの話になりますが、

最大の利点は

出力が抑えてある

ということです。

確かに出力が低いという事は、効果を実感するには時間が病院よりもかかります。

私自身現在美容皮膚科に通っていますが、そこの先生はその分野では非常に有名な方です。そんな先生でも、結果は一年かけて。というスローな治療です。

これは肌がとても大切なもので、失敗しないように時間をかけて治療をしていくという意味があるのだと、半年通って気づきました。

そのことを考えると、素人が家庭でレーザーを扱って治療するのであれば、

時間をかけてじっくりスキンケアしていくことは当然と言えます。

ネットでフラクショナルレーザーを検索すると、たくさんの失敗例を読むことができます。

その大半が、機械の出力と肌の状態がマッチしてないと想像できるような話が多いです。

時間をかけて、ゆっくり家庭でケアするか、即効性が欲しいから強めのレーザーをあててくれそうなクリニックに行くか。

失敗したときの絶望感は、相当なものだと思います。だってきれいになるために挑戦したのに、元の状態より悪くなったら、そりゃ精神的にキツイと思います。

そう考えると、レーザーの出力が低いトリアの美顔器は病院よりも優しい施術ができるので日々のスキンケアの一つに加えやすいと感じました。

実際に使ってみたので(目元専用のレーザーです)また次回レポいたします。

若干かるく痛いですけど、全然耐えられるし目のにあった斜め線が私の場合は目立たなくなりました、顔ヨガとトリアのたまものかも⇒トリア・スキン エイジングアイケアレーザー★目元ケア